DJI Mavic mini フライモアコンボが届いたので飛ばしてみた

mavic miniが10/31に発表されて、即予約購入(AM10:35)、出荷が遅れつつも11/23にようやく届きました、フライモアコンボ。

単品で買ったほうが断然早かったみたいですけど、バッテリー1個じゃつらいからねー。

199グラムの機体は本当に軽い!小さい!モックアップを持っているかのような軽さ。手のひらに乗るサイズは持ち運びにもいいですな。

ついでに手のひらから離陸、着陸もやってみましたけどいけますね(笑)

早速飛ばしてみる。あ、Mavic miniはアプリが今までのMavicと違うので注意が必要ですぞ。DJI Flyというアプリです。
プロペラ音が静かで、このくらい静かだとあまり迷惑にならずにいいかも。GPSとビジョンポジショニングセンターのおかげでビタビタホバリング。このへんは一般的なマイクロドローンとは違いますよね。(安定しすぎてるので操作するおもしろみはありませんが^^;)
海辺で数百メートルの距離飛ばしてみましたが、特に電波の途切れもなくて良好。さすがにOcusync2.0伝送のMavic2と違って、ロングレンジ飛ばす気にはなりませんが、このくらいの中距離が問題なく飛べば万々歳です。
クイックショットも試してみましたが楽に撮れてよいです。ただ、アクティブトラックがないことだけが残念ですね。
山などでもさっと取り出して、手のひらから離陸させて近場やちょっとした自撮りなんかにも良さそう。
とりあえず、試し撮りした動画をアップしましたのでよければご覧ください。

Leave a Reply