DJI 10月31日に新ドローンMavic mini発表へ。気になる重量、日本向けに200g未満の可能性は?!

DJIは、同社のWebサイトにティザーページをオープンしました。

「その時、日本が驚く」というキャッチと、人が飛び立つ写真の掲載、新製品がドローンであることが伺えます。
その製品は、夏ごろからたびたびリークとして画像があがっていた、「Mavic Mini」となることが濃厚です。
下記画像はこちらのサイトより

手のひらサイズですね。

Mavicシリーズだけあって、折りたたみ式です。

iPhoneと比べてもこの大きさ。

Mavic Miniの仕様(噂)
・1 / 2.3″カメラセンサー
・新しいフラットパンケーキスタイルのモーター
・2Sバッテリーシステム、電源やLEDボタンは無し
・正面障害物回避センサー、底面障害物回避センサー
・4K(3840×2160)@ 30p撮影
・250グラム未満の重量

さて、250グラム未満ということで、アメリカや中国の法規制はクリアしてくるわけですが、日本では航空法の対象外になるためには200グラム未満である必要があります。
繰り返します。
「その時、日本が驚く」ためには200グラム未満である必要があります。
本当にクリアしてくるのでしょうか?
ドローン界の巨匠がFacebookに投稿していたものには

U199。199グラム以下になることを示唆。
現状の噂を確認したところ以下の2つの方法どちらかで日本法規制(200グラム未満)をクリアしてくるのではないかというお話。

ひとつはバッテリー。
形状から18650 Li-Ionセルが2つなのではないかと噂されていて、その18650 Li-Ion2つのバッテリーでの重量が約90グラムと予想され、日本向けにはその半分のバッテリー仕様になるのではとのこと。
つまり海外向け 2バッテリー 搭載で245グラム、日本向け 1バッテリー統制で199グラム。
これならいけなくもないですね。

もうひとつの可能性はカメラを着脱式にすること。着脱式の場合はカメラを重量部に含めなくてもOKのため、カメラ部が50グラム程度なら十分可能性ありますよね。

さあ「その時、日本が驚く」ことになるのでしょうか?
答えは10月31日に!楽しみです。

Leave a Reply