山頂からドローンを飛ばす場合はご注意。ドローンの150m高度規制は対地高度です

以前からドローンやってる人はご存知かと思いますが..。
よく見るこの図。無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール

150mの高度制限。

図の通り、”地表面から” 150mということに注目です。
つまり、山頂から横移動して、そこそこの距離を飛ぶと簡単に地表面から150mオーバーになってしまうわけです。

同様に、断崖絶壁があるような場所も注意が必要。

過去にはYoutubeにアップされていた映像を証拠に捕まった事例もあります。
https://www.sankei.com/west/news/170222/wst1702220033-n1.html
「きれいな景色を撮りたかった」ドローン無許可飛行 44歳会社員男性を書類送検 奈良県警

上北山村小橡~三重県大台町の大台ケ原上空で、無許可で150メートルを超える高さにドローンを飛行させたとしている。 同署によると、動画共有サイト「YouTube」を見た男性から奈良県警に「高いところから撮った映像がある」と情報提供があり発覚。サイト内には計約30分の山の景色の動画がアップされており、最大約420メートルの上空から撮影されていたという。

https://www.sankei.com/west/news/170222/wst1702220033-n1.html

ということで、山でドローンを飛ばす場合は対地高度に対する注意が必要ですぞ。

Leave a Reply