2020-01-14 パウダー予想のための気象情報

【実況~明日にかけて】

日本付近は概ね西高東低冬型の気圧配置。
下層寒気移流により北海道を中心に降雪。

宗谷海峡付近や日本海にシアーライン。
日本海のシアーライン(JPCZ)が北陸地方へのび、そのJPCZ 上の能登半島付近とウルルン島付近を低気圧がそれぞれ東進。

500hPa-33℃以下の寒気を伴ったトラフは深まりながら14 日朝に黄海に達し、15 日夜にかけて西日本から東日本を通過する見込み。

トラフの接近に伴って14 日朝に九州の南で前線が顕在化。その後、前線上に低気圧が発生。低気圧は発達しながら14 日夜には紀伊水道の南、15 日朝には関東の東海上に進み、15 日夜には三陸沖に達する。

南岸低気圧の影響で関東広い範囲で降水。今のところ関東沿岸平野部での雪の可能性は少ない。(山間部では雪の可能性)

関東沿岸部 850hPaでプラス気温。

低気圧が東に抜けた後は、一時的な冬型気圧配置となる。

【週間の予想】

昨日から大きな流れは変わらず。
期間中は、トラフが次々と日本付近を通過、そのトラフの通過に合わせて、14~15日にかけてと17~18日にかけて本州の南岸付近を低気圧が通過する。低気圧通過後は一時的に冬型の気圧配置となる。
その後もGSMでは、

20日に南岸低気圧と、日本海北部の低気圧が通過予想。
通過後は冬型となるも長続きせず、21日は移動性高気圧の場。(山は良さそう)

22日〜23日にかけて、再び南岸低気圧が通過する予想に。

こちらは少し暖気流入が強めなのが気がかり。

GFS、下旬の寒気流入予想も一時的っぽい。。
記録的な暖冬は続く..

Leave a Reply