2020-02-20気象情報

【実況〜明日にかけて】

北海道地方では気圧の傾きがやや大きく、雪を伴ってやや強い風が吹いている所がある。

華中の500hPa5640~5700m にはトラフがあって東進。日本付近は東西流場、ゾーナルな場となっている。

本日、日本付近を浅いトラフが通過。これによりトラフ前面では南からの風が入り、雲が広がりやすい。

トラフは21 日朝には日本の東に抜けて、日本付近はリッジ場となる。日本海の高気圧が東日本に進んで、日本付近を広く覆う。21 日夜には高気圧は日本の東に進み、西日本から東日本の太平洋側は高気圧の縁をまわる湿った空気が流入して雲が広がる所がある。

21日12時日射量。

21日21時。高気圧後面、東シナ海から日本海にかけて前線が顕在化。前線に向かって下層の暖湿気が流入する。

【3連休の予想】

画像は22日9時。トラフが日本海に進む。地上は、トラフに対応した低気圧が発達しながら日本海を北東に進み、低気圧からのびる前線が本州付近を通過する。北~西日本は低気圧や前線の影響で雲が広がりやすく、広い範囲で雨または雪が降る。

画像は22日18時。前線通過。

画像は23日9時。トラフが北日本付近を通過し日本付近は北西流場となる。地上は、低気圧がさらに発達しながら千島付近に進み、日本付近は冬型の気圧配置となる。

23日21時。高気圧が西日本付近に進んでくるため西から次第に冬型が緩む。

24日9時。地上は高気圧が本州付近をゆっくり進む。北・東日本の日本海側は寒気の影響で曇りや雪または雨となる所があり、太平洋側は高気圧に覆われて晴れる所が多い。

23日の降雪量次第だが、24日のバックカントリーエリアではピーカンパウダーの可能性。(場所によってはガリあり)

Leave a Reply