2020-02-25パウダー予想のための気象情報

【実況〜明日にかけて】

華北の500hPa5640~5700mに はトラフがあって東進。対応する 前線が華中から東シナ海へのび ている。日本付近の500hPaは西北西流場日本の南に高気圧があって、 東南東へ移動している。

トラフは 25 日朝には黄海付近に進み、これに対応して前線上の黄海に低気圧が発生。トラフは東南東進して 25 日夜には西日本付近に達した後、不明瞭となる。

前線上の低気圧はあまり発達せずに東南東に進み、25日夜には西日本に達する。

低気圧や前線に向かって西から 850hPa 相当温位 318K以上の下層暖湿気が流入して、西日本では大気の状態が不安定となり、対流雲が発達して雷を伴って強い雨の降るおそれがある。

25日21時MSM

また、東日本から北日本の一部にも低気圧の降水域が広がって、北日本や 東日本の標高の高い所では 26日にかけて降雪となる所がある。

低気圧は、26日朝には東日本の太平洋側に進み、その後26日夜にかけて日本の東を東進する。

26日18時MSM
26日18時MSM850hPa気温

26日夜には北日本から東日本に下層寒気が流入、冬型となり日本海側で降雪となる。

Leave a Reply