関東明日の雪について

全般気象情報 大雪に関する気象情報の第3号が本日の夕方に出ています。

大雪に関する東京都気象情報 第3号
[雪の予想]
 東京地方では、27日夜から28日昼前にかけて雪やみぞれが降るでしょう。多摩地方では、山沿いを中心に大雪となり、警報級の大雪となる所がある見込みです。東京23区でも積雪となり、予想より気温が低くなった場合には、大雪となるおそれがあります。

 28日18時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、
  多摩西部      20センチ
  多摩南部      10センチ
  多摩北部       5センチ
  東京23区      2センチ
です。

大雪に関する神奈川県気象情報 第3号
神奈川県では、28日朝にかけて雪や雨が降り、西部の山地(標高500メートル以上)及び平地では大雪となり、東部でも積雪となる所がある見込みです。予想より気温が低くなった場合には、西部の山地を中心に警報級の大雪となるおそれがあります。

[雪の予想]
 27日18時から28日18時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、
  東部      3センチ
  西部の平地   5センチ
  西部の山地  25センチ
の見込みです。

ウエザーニュースの予報では
東京23区や横浜でも1~2cmの積雪予想。
関東西部や北部の山沿いで10~20cm。
富士五湖方面で20~30cm。

MSMの予想を見る感じでは特に大きな変更はなく、関東平野部では夜降雪があっても朝からは雨転。

参考までに2014年2月8日の関東大雪のデータを見てみました。

下層寒気はこのときのほうが一段強い感じですね。

今回も低気圧が二つに分かれずに、南岸のほどよいルートを発達して通ったら 2014年2月 のようなドカ雪になった可能性はあると思いますが。

Leave a Reply