GoProHERO7の手ぶれ補正ハイパースムース そして面白い機能のタイムワープ(ハイパーラプス)

GoProHERO7の手ぶれ補正がさらに進化しました。
撮影者の動きを予測して補正をかけているらしいです。
HyperSmooth(ハイパースムース)と呼ばれるこの手ぶれ補正、歩きながらではほぼジンバル撮影と遜色ないレベルに。
さすがに走った場合は、補正限界を超えることがあるようで手ぶれ感が出ますが、それでも見てて不快になるほどの揺れは軽減されて見られる映像になっているのは驚きです。

走った場合は、ジンバル+HyperSmoothの併用でかなりよくなります。
もうほんとなめらか。
以前ジンバルで走った場合の縦揺れを軽減すべく、バネ式のスタビライザーBeholder D2Sを導入したりしましたが、もはやこれは必要無くなってしまいました(笑)

そして面白いのがタイムワープ!
こちら↓全部手持ちで撮ってるのですが、手持ちとは思えないなめらか具合とスピード感がとても楽しい。旅ビデオなんかにはとっても良いのでは?

Insta360oneでも似たようなものできたのですが、画質が問題でしたからね。
とはいえInsta360も新製品がもうすぐ出て、そのあたり改善してくるので面白い戦いになりそうです。とても楽しみ。

画質重視派にはGoProHERO7、今のところとてもおすすめです。

Leave a Reply