Insta360oneで第三者視点映像(サードパーソンビュー)

Th tempImageDataFile
Insta360oneを買ったときからこれがやりたかったわけですが。
とにかくInsta360oneの面白いところは、バレットタイムでもなんでもなく、棒消しです。自撮り棒が自動で消えるのです。
最初この機能を聞いたときは「ふーん」って感じでしたが、単純な発想ながら実際の映像はそれ以上の効果あり。
棒が消えることによって、第三者が撮影したかのような映像が出来上がるからです。

しかも、何か後処理が必要ということもなく、撮影後は全てそうなっているのが良い。手間がいらない、リアルタイムで棒消し映像を見れるのは素晴らしいことです。

ということで滑りながら良い撮影方法をと考えて、シーズンインからいろいろ試してきました。
ストック固定だったり、ザックの腰ベルトに固定したり。いろいろ試行錯誤の上、ようやくうまいこと撮れたなと思ったのがこれ。
Twitterでもドローンで追随してるみたいという声があって、そういう雰囲気狙ってたのでとてもうれしい。

固定方法ですが、ザックのショルダーベルトに固定し、さらに背面の部分でも固定と2点で固定した上で背面方向に棒を伸ばしています。
あまり伸ばしすぎるとブレが大きくなるのでこのへんは棒の強度と相談でお試しください。
詳しくはYoutubeの映像に説明してますのでそちらもどうぞ。

Leave a Reply