公道で走る電動キックボード シェアサービス movicleを試してみた

電動キックボード楽しそうですよね。ただ、日本だと道路交通法の問題があって、そのままでは公道で乗れません。安全装置など基準に満たす装置を取り付けて原付きナンバーを取得し、ヘルメットをつけて乗る必要があります。

そんな中、movicleという、公道で走れる電動キックボードのシェアサービスが港区の一部で開始されました。面白そうなので早速試してきましたよ。

カゴ付き、しっかりとしたブレーキ、ミラー、ウィンカー、ハンドル中央には液晶画面も備えられています。後ろには原付ナンバー。

左に写ってるのはGoProです(笑

アプリは事前にダウンロードして、アカウントを作っておく必要があります。個人情報、免許証の画像やクレジットカードなどを登録して、審査後に使えるようになります。

で、アプリでキックボードの液晶に表示されているQRコードを読み取ってキーを解除。簡単です。

料金は2タイプありますが、今回は1時間1000円でやってみました。

都内のように交通量の多い幹線道路はちょっと怖いので、もう少し地方の観光地とかで普及するとすごく楽しそうです。海沿いとか走ってみたい!

キックボードのシェアリングサービス、今後の普及に期待しています。

Leave a Reply