2020-03-08パウダー予想のための気象情報

【週間の予想】

10日大きく気温上昇した後は、気温の低い日が続きそう。

500hPaでは、10~11日にかけてと13~15日にかけてトラフが日本付近を通過する。地上は、10~11日にかけて低気圧が日本海を発達しながら北東に進む。その後、高気圧が日本付近を進むが、13~14日にかけては、北日本を気圧の谷が、本州の南岸を低気圧がそれぞれ進む。

11日21時
11 日21 T850

12日は高気圧の場となるが、

気温は低め。

14日3時

14日低気圧通過。その後は…

16日3時

冬型へ移行。

マイナス5度ラインが関東南岸まで。この時期にしては強めの寒気。

17日9時

17日から次第に冬型緩む。

10日の気温上昇後、二回の冬型によってパウダーチャンスはまだありそう。

Leave a Reply