2020-01-21パウダー予想のための気象情報

【実況〜明日にかけて】

昨日北海道付近を通過した低気圧は東に抜け、また大陸から高気圧が東への張り出しを強めており、日本付近では冬型の気圧配置を形成。北海道から東北、北陸の日本海側を中心にまとまった雪。

東日本には 850hPa で-9°C以下、北日本には-12°C以下の下層寒気が流入し、21 日昼頃にかけて北日本から東日本の日本海側を中心に断続的に雪が降る。山地を中 心に降雪量が多くなり、北日本では大雪に注意。また、気圧の傾きが大きく、21 日は北日本から東日本を中心に風が強い状態が続く。

21 日午後には、大陸からの高気圧が日本海に中心を移し、西日本から東日本を広く覆う。下層寒気移流も次第に弱まり、21 日夜には、北日本から西日本の広い範囲で晴天域が拡大する。22 日は高気圧は 中心が日本の東に移動し、各地次第に高気圧縁辺の湿った空気が流れ込む。

明日夜にかけて、前線を伴った低気圧が九州の西へ接近する。

【週間の予想】

気になる23日から24日にかけての雨。

暖気流入は強く、850hPa気温は平年より10度近く高い。

850hPaで5度以上に。

800hPaでもプラス気温。やはり志賀高原などの高標高エリアでも雨か。

その後も前線が停滞して、西日本から東日本にかけて雨が続く。まるで梅雨のよう。

標高の低いスキー場では壊滅的な状況に陥るおそれ。

1月中の冬型は期待出来そうになく、2月に期待するほかなさそう。

関東パウダー狙いは富士山がかなり良いのでは?

Leave a Reply