2020-02-17パウダー予想のための気象情報

【実況〜明日にかけて】

500hPaは日本付近にトラフが接近。南西流場。地上は日本海と太平洋を低気圧が発達しながら進んでいる影響により、北海道や東北北部は昨日から雪や風が強まっている。

日本海の二つの低気圧は一体となって発達し、17 日朝には最大風速 50ktの勢力となる。日本付近は、18 日にかけて冬型の気圧配置となる。

18 日にかけて、全国的に気圧の傾きが急となり、非常に強い風や強い風 が吹いて大しけとなる所がある。強風や風雪、高波に注意。特に、北日本や北陸地方では 18 日にかけて、九州北部地方では 17 日午後は、暴風や暴風雪、高波に警戒。

18日9時MSM。

北日本では 18 日にかけて雪が降り、大雪となる所がある。また、低気圧の発達に伴って、18 日にかけて西日本を中心に 850hPa で -9°C以下の寒気が流入し、西日本から東日本では日本海側を中心に 18 日にかけて、平野部でも雪が降り、大雪となる所がある。

西日本の日本海側は山沿いだけでなく、平野部でも雪が降り、今朝は大分で平年より2か月遅れの初雪を観測。福岡などで観測史上最も遅い初雪になる見込み。

17日18時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で

  中国地方、九州北部地方  15センチ

  四国地方         10センチ

 18日18時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、

  北陸地方         40から60センチ

  中国地方、近畿地方    30から50センチ

  九州北部地方、四国地方  20から40センチ

  九州南部         10から20センチ

以下、6時間毎降雪量推移。

新潟方面は明日朝まで最大20cm。ただし、北陸方面の降雪の本番は明日から。

<追記>
全般気象情報
暴風と高波及び大雪に関する北陸地方気象情報 第3号
令和2年2月17日16時19分 新潟地方気象台発表

[雪の予想]
 北陸地方では、17日夜のはじめ頃から18日にかけて、山地や山沿いを中心に大雪となる見込みです。また、平地でも積雪となる所があるでしょう。上空の寒気の程度によっては警報級の大雪となる可能性があります。
 17日18時から18日18時までの24時間降雪量は、多い所で、
  新潟県 40センチ
   富山県 50センチ
  石川県 60センチ 
  福井県 50センチ
の見込み

【週間の予想】

18日日本海側降雪の後、19日高気圧の場。

23日冬型降雪の後..

24日高気圧の場。
19日、24日ピーカンパウダーチャンスか。(降雪量によってはガリもあるかも?)

Leave a Reply